日本管理会計学会2017年度全国大会参加報告

管理会計学会2017t

今年も参加しました、日本管理会計学会全国大会、
今回は福岡大学での開催、大好きな博多へ行く口実、、、ではなく、しっかりと学会のトレンドや研究成果を吸収するために行ってまいりました。
もちろん、博多ならではの、新鮮なお魚・水炊き・屋台も楽しんできましたが、、、(ほかの仕事もくっつけて3泊いたしましたので)

さて、本題、私は実務家ですから、研究の方法論よりも実務に活かせそうな研究成果に興味があることは言うまでもありません。
全国大会ともなると全部で51もの報告がありました。5~6会場で同時並行で実施されますので、そのすべてに参加するためには分身が5人必要、つまり不可能というわけで、
事前提供されているペーパーなどから判断して参加するテーマを選択して臨むわけです。

聴講することができた報告から、実務への示唆があると感じたものを簡単に結論部分のみ報告したいと思います。

1.非財務指標への差異分析の適用
明治大学の院生である山脇香織氏による報告でした。(共同研究者として同大学院の三谷華代氏、小村亜唯子氏、同大学の鈴木研一氏が名前を連ねておられます)
学問的な価値は私には正確にわかりませんが、実務家として聞いたとき、私が聴くことができた報告の中で、
”本年度ナンバーワン”
であったと思います。
内容は、従業員満足度のある大きく点数を下げた項目についての差異分析でした。
差異分析は、例えば材料費において、材料価格差異と材料消費量差異とに分けて分析する、あの手法です。
単純な手法ですが、セグメントに分けて差異分析することで、今まで見えていなかった問題点を浮き彫りになるプロセスは、
まさに、経営コンサルタントの提案力に通じるものを感じました。
手法としての新規性、学問としての新たな事実の発見、そういったものは多くはないかもしれませんが、
事実を鮮明に浮かび上がらせる、コミュニケーションのための手法としては秀逸であったと思います。
思わず、手を挙げて「質問ではなく感想ですが、、、感動しました・・・」と語ってしまいました。
このテーマ、ここで書くには紙幅が足りません。
また、報告者の皆さんの承諾を得ずに詳細に出すわけにもいきません。
ご興味ある方は、私に直接お申し出ください。(mic.sakuraiあっとherbist.co.jp 「あっと」は@です)

2.管理会計の研究分野の拡大
統一論題「管理会計の拡張と実務適用の課題」の基調講演として、専修大学の伊藤和憲教授からのご報告でした。
(1)業種業態の拡張
経済のサービス化、非営利組織の増加から、従来製造業が中心であった対象業種業態が、サービス業や非営利企業にまで拡大しつつある。
(2)研究対象の拡張
競争力の源泉が、製造設備などのハードからノウハウ・ブランド・評判などといったインタンジブルズ(無形資産)にシフトするに伴い、管理会計のこの分野での研究が活発になっている。
(3)価値創造への影響
決定したことを確実に実行するためのマネジメントから、やるべきことそのもの、つまり戦略の分野に拡大している。
そのことから、管理対象も財務指標だけでなく非財務指標がより重要になりつつある。
<櫻井補足>
これらのトレンド全てがバランスト・スコアカードへの注目を促すことになっています。

3.設備投資の経済性評価に関するトレンド
北海道大学の篠田朝也准教授からのご報告でした。
(1)評価手法の変化
単純回収期間法(SPP)の採用が圧倒的に多いが、時間の価値を考慮に入れる正味現在価値法(NPV)や内部利益率法(IRR)の採用も近年急増している。
(2)併用
・正味現在価値法(NPV)を採用する企業は、割引回収期間法(DPP)と投資利益率法(ROI)を併用する傾向が強い。
・内部利益率法(IRR)を採用する企業は、正味現在価値法(NPV)を併用する傾向が非常に強い。
<櫻井補足>
単一の投資案件の経済性評価や排反案(同一目的投資間の比較)には正味現在価値法が最も優れていることは既に通説になっています。
一方、複数の独立案(それぞれ異なった目的の投資)の優先順位付けは投資規模も異なり、額で比較することはできず、率である内部利益率法もしくは収益性指数法(日本では利用度は極端に低いが米国での採用度は高い)によって行うのが一般的ですから、この研究はそれを追認したことになりそうです。
(3)事後的統制
投資を実施した後の経過観察や事後監査などはあまり行われていない。
<櫻井補足>
一旦投資を実施した後は、それは埋没原価でありもはや取り返しがつかない、という理由で事後的統制が行われないのかもしれませんが、
将来の同様の投資を判断する際の貴重なデータとして、当然事後的統制はマネジメントにおいて非常に重要です。

4.業績評価の主観性が財務業績におよぼす影響
慶応大の院生桝谷奎太氏による報告で、この方の報告には昨年も質問をぶつけたようで、いつも興味深い投げかけをしてくださる方です。
今回は、なんと「業績評価に主観性を持たせることが財務業績にプラスに働く」というものでした。
普通は逆に考えます。つまり、業績評価は可能な限り客観性を高めて被評価者の納得性を高める努力を行わなければならない。
実務家の常識ですから、それとは逆の結論が報告されたわけです。
結論はこうです。
「不確実性の高い競争環境においては、戦略的に重要な少数の業績指標を事前に特定するとともに、事後的に明らかになった期中の重要行動については主観性を用い柔軟に評価することが適当である可能性を推察可能」(桝谷氏のレジュメから引用)
<櫻井の理解>
以下は、報告会の後で指導教官の吉田英介教授がわざわざ質問者である私のところに補足説明に来てくださった、そのときのお話を踏まえた私自身の理解です。
つまり、不確実性が高い環境においては、適切な目標設定は困難である。
故にあくまで客観性にこだわると環境変化を考慮しない評価になり、納得性が高まらない。
故に評価者は事後的に相対的な観点(ライバル企業との比較など)も踏まえて評価することが結果として業績にプラスに働く。
私自身としては、そうであるなら、事前に相対目標を決めておきそれも踏まえて評価することで客観性は確保できるように思いますが、企業実務として主観性が使いようによって業績に貢献するということがわかったことは非常に新鮮で刺激的でした。

 

JCMAのロゴマーク能力の高さを証明する⇒管理会計検定と認定管理会計士

matのロゴマークまずは腕試し⇒管理会計テスト

seminarsのロゴマークブラッシュアップ⇒管理会計セミナー

 

日本の代表的なセミナー会社の管理会計関連セミナー

セミナー風景01t

管理会計を日本のビジネス社会に普及する、それが使命であると認識し、様々な取り組みをやってきました。

そして、今日、ふと思ったわけです。

日本では今、管理会計のどんなことに興味がむけられているのだろうか。

そのことを知るためのひとつの方法として、日本の代表的なセミナー会社は管理会計をどう扱っているのか、
調べてみました。

SMBCコンサルティング、日本管理会計教育協会、日本経営協会、日本能率協会、日経ビジネススクール、みずほ総合研究所、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの7社において、
7月から来年初頭にかけて予定されている管理会計関連セミナー約50本、セミナータイトルを羅列するとこんな感じでした。

☆全部じっくりと読まないでくださいね。

経営管理のための管理会計活用法
わかりやすい管理会計入門
完全網羅!『管理会計』の基本がすべてわかる講座
ケースで学ぶ『戦略的な経営指標(KPI)』の選び方、上手な設定の仕方
よくわかる管理会計の基礎と実践
これだけは知っておきたい!経営管理に必須の『管理会計』のエッセンス
事業・設備投資の採算評価と意思決定のための管理会計の実務
意思決定で迷わないための経済性工学セミナー
損益分岐点使いこなしセミナー
経営判断に役立つ採算分析と業績管理資料
コスト削減の基本と見積り査定入門セミナー
初心者でもよくわかる管理会計の基本的な考え方
意思決定に役立つ! 管理会計の実践ノウハウ
よくわかる管理会計の基礎と実践
計数管理のスピードアップと経営改善への活かし方
原価計算の基本とコストマネジメントのための管理会計
役員が知っておくべき「意思決定・業績管理のための会計」
業績・利益管理手法と予算管理の実践
経営企画スタッフに必須の『会計・財務』重要知識
管理会計の基礎とCVP分析
新任管理者のための「利益管理」入門セミナー
経営・事業の意思決定のための管理会計
企業・事業経営のための実践管理・意思決定会計セミナー
管理会計の基礎と損益分岐点分析活用セミナー
管理会計の基礎とCVP分析
採算性評価技術
知識ゼロから理解できる 管理会計入門講座
原価のしくみと活用法
会計を経営戦略に活かす!『会計参謀』養成講座
原価のしくみと活用法
製造原価を扱う基本技術
採算性評価技術
経営企画スタッフが知っておくべき管理会計基礎実務コース
原価計算の基礎とコストマネジメント
予算と部門別業績管理
豊富な演習で理解する『管理会計』実践講座
意思決定で迷わないための経済性工学セミナー
投資判断の管理会計
製造原価を扱う基本技術
予算と部門別業績管理
新任管理者のための「利益管理」入門セミナー
投資判断の管理会計
工場経営のための管理会計・意思決定セミナー
意思決定で迷わないための経済性工学セミナー
コスト削減の基本と見積り査定入門セミナー

圧巻ですねぇ!!!目がちかちかします。

興味がわいたのは、テーマそのものより使われている修飾語でした。
こんな感じです。

経営管理のための
わかりやすい
完全網羅、すべてがわかる
ケースで学ぶ
よくわかる
これだけは知っておきたい!経営管理に必須の
意思決定で迷わないための
経営判断に役立つ
初心者でもよくわかる
意思決定に役立つ
よくわかる
役員が知っておくべき
経営企画スタッフに必須の
新任管理者のための
経営・事業意思決定のための
企業・事業経営のための
知識ゼロから理解できる
会計を経営戦略に活かす
経営企画スタッフが知っておくべき
豊富な演習で理解する
意思決定で迷わないための
新任管理者のための
工場経営のための
意思決定で迷わないための

グルーピングするとこんな感じになります。

1.何のために管理会計を学んで使うのか?
「工場経営のための」
「企業・事業経営のための」
「経営管理のための」
「これだけは知っておきたい!経営管理に必須の」
要するに経営のため、もっというと業績のため、ということでしょうか?
そして、さらに、なぜ経営に役立つのか、
「経営判断に役立つ」
「意思決定に役立つ」
「意思決定で迷わないための」
「経営・事業意思決定のための」
「会計を経営戦略に活かす」
なかなか見事に同じ方向を見てい丸。
つまり、意思決定のためなんですね。

管理会計の目的として意思決定を支援すること、これは言うまでもなく極めて重要です。

ただ、ほかにも、フィードバックとフィードフォワードによる継続的改善(Continuous Improvement)や組織・人の活性化(Motivation Management)の分野も重要なのですが、そこにあまりニーズはないという判断なのでしょうか。

2.誰のため、誰が使うのか?
「役員が知っておくべき」
「経営企画スタッフに必須の」
「経営企画スタッフが知っておくべき」
「新任管理者のための」
1と合わせると、役員・経営企画・新任管理者が正しく意思決定することによって経営をうまく行えるようにする、それこそが管理会計、そういうことなのです。

でも、それだけでは不十分、
管理会計の恩恵をすべての人に、
そのためには、とっつきやすくわかりやすくなくてはいけない。
ということで、

3.わかりやすさ
「わかりやすい」
「よくわかる」
「初心者でもよくわかる」
「知識ゼロから理解できる」
「ケースで学ぶ」
「豊富な演習で理解する」
このようになります。

このように分析していて、やっぱり意外感を持つのは、今現在の管理会計の潮流との多少のギャップです。
今学会でも頻繁に取り上げられるのは戦略などの施策の実行性を高める仕組みとしての管理会計です。
50本のセミナーの内容をよく見るとそのことに踏み込んでいるものも少なくはありません。が、反面そこを強調することも少ないようです。

意思決定を支援する=何をやるのか?
実行性を高める=どうやるのか?
この2つがそろって初めて管理会計に意味があると言えるとかねがね思っています。
そして、実は「何をやる」よりも「どうやる」の方が困難を伴うことが圧倒的に多い、
ということは肝に銘じておくべきでしょう。

 

日本の代表的なセミナー会社主催の管理会計関連セミナー一覧へ

管理会計スペシャリスト養成Web講座、日曜早朝コーススタート!

web_semi_banner現在毎週水曜日午後9時~10時で実施しております、「管理会計スペシャリスト養成Web講座」、大好評につき、

毎週日曜日午前7時~8時の日曜早朝コースを新設いたしました。

世界中ネット環境のある場所ならどこにいてもPC、タブレット、スマホさえあれば、手軽に参加が可能

時間と交通費をかけて出かける必要が全くありません

Web会議システムなので、チャットやときにはマイクを通していつても質問や意見ができる

資料やホワイトボードへの書き込みでセミナーの概念を超えた双方向のコミュニケーションを確保
単に講師から一方通行で情報を得るのではなく、時には参加者の意見や経験も共有(参加を希望する場合のみで強制ではありません)

更に、アンケート機能を使った参加者からのフィードバックも可能

参加できなかったり、後で復習したいときのために、
講座はすべて録画(顔出し不可の場合はカメラミュートで参加可能)され、いつでも視聴することが可能

痒いところに手の届くバーチャルゼミです。

理論的には参加人数は無限大なのですが、あまり大人数ではせっかくの双方向性に限界が出ますので、

現時点では、最大10名とさせていただいています。

ご興味ある場合はなるべく早くお申込みください。

チラシ http://sakuramichi.net/WebSemi_leaflet
別紙詳細 http://sakuramichi.net/WebSemi_details
お申し込み https://sakuramichi.net/herbist/web_semi_entry/

近日中に開催予定の管理会計関連セミナーのご案内(6/19)

7月~9月にに開催予定の管理会計に関連する一般公開セミナーのお知らせです。

新企画!
世界中どこからでも受講できて
録画映像で何度でも復習できる
web_semi_banner

 

 

7月9日 大阪
SMBCコンサルティング主催「部門長、経営幹部、経営企画担当者のための1日で学ぶ管理会計

7月17日大阪
櫻みち経営塾主催「原価計算・原価管理研究会

7月28日大阪
大阪府工業協会主催「管理会計、基礎と活用法」

8月7日大阪
日本能率協会主催「機能する業績評価の作り方セミナー

8月21日大阪
櫻みち経営塾主催「原価計算・原価管理研究会

8月23日金沢
石川県経営者協会主催「意思決定のための損益分岐点管理」

9月9日京都
京都総合経済研究所主催「「経営者が絶対見ておくべき会計数字」~ 危ない数字の常識から会社を守る~

9月11日大阪
櫻みち経営塾主催「原価計算・原価管理研究会

新企画!
世界中どこからでも受講できて
録画映像で何度でも復習できる
web_semi_banner水曜日夜間コースに加えて、
日曜日早朝コースをスタート(8月9日~)

原価計算の目的

lgi01a201410060100t原価計算・原価管理研究会の第1回目を12日金曜日に実施しました。

1回目のテーマは「原価計算の目的」、参加者の皆さんの問題意識や興味のありどころを探るということも意識しつつ実施しました。

昭和37年制定(その後改定なし)の原価計算基準には、次の5つが規定されています。

(1)財務諸表の作成
(2)価格計算
(3)原価管理
(4)予算編成及び予算統制
(5)基本計画の設定

(1)は言うまでもありません。外部公開(ステークホールダーへの報告、税務目的)は法律などによって決められた義務ですから、当然のこととして少なくとも必要最低限のことは行われます。
ここで必要なことは、製造原価を当期の収益に対応する費用(売上に対応する売上原価は当期の費用として当期の収益から控除されます)と翌期に繰り越すべき仕掛品・製品といった資産とに分離することです。

(2)価格計算、私は経験上(1)を除くとこれが初期的には原価計算の目的になることが多いと理解しています。

(3)(4)は原価改善に主眼を置いた活用、(5)は経営立地、設備投資などといった個別計画への原価情報の供給ということですから、より原価を将来に向けて発展的に活用しようという観点からの目的になります。

研究会では、私からの1時間程度の基礎情報提供を踏まえて、小グループで意見公開・議論をしていただきました。

明らかになったことは、多くの参加者の企業においては(1)及び(2)の目的はほぼクリアしておられるということでした。

その上で、次のような原価計算・原価管理への期待が提示されました。

・価格に関しては見積原価によって決定するだけでなく、事後的に実際原価と比較検討することでその適正性や採算性を分析したい

・標準原価を活用した原価分析のためには、データ収集コストを勘案しつt何を対象にどこまで細かく標準を設定し、分析するべきか明らかにしたい

・製品別採算性を分析するためにはどんな指標が大切か?あるいは間接費の配賦はどう考えるべきか

第1回目から、なかなかど真ん中のニーズが明らかになりました。
これから毎月の研究会がとっても楽しみです。

workshop_cost_banner02

新企画!
世界中どこからでも受講できて
録画映像で何度でも復習できる
web_semi_banner水曜日夜間コースに加えて、
日曜日早朝コースをスタート(8月9日~)

Webゼミ始めます「管理会計スペシャリスト養成Web講座」


管理会計を体系的に学びたい、

管理会計を身につけて、一目おかれる存在になりたい、

でも、昼間は忙しくて、とてもまとまった時間が取れない、

週末のビジネススクールで学ぶのもあまりにもコストが高い(1科目だけでも10万円以上)

学校のある都心に出るのも時間とコストがかかる

そんなあなたのために用意しました。

「管理会計スペシャリスト養成

Web講座」

【特徴】
1.Webでのバーチャルゼミなので、世界中どこからでも参加が可能
2.Web会議システムを使うので双方向、痒いところに手の届く学びが得られる
3.やむを得ず欠席した場合、あるいは復習をしたい場合、1週間以内なら何度でも録画を見ることで学ぶことができる
4.平日夜間1回1時間なので他のことを邪魔せず、効率的に学べる
5.1回3千円という破格なコスト

まずは、下のリンクから詳細をご覧ください。

その一歩を踏み出すかどうかであなたの5年後が様変わりします。
新企画!
世界中どこからでも受講できて
録画映像で何度でも復習できる

web_semi_banner02~Web会議システムなので双方向、痒いところに手の届くバーチャルゼミ~

水曜日夜間コースに加えて、
日曜日早朝コースをスタート(8月9日~)

途中参加
テーマ別個別参加
大歓迎!

Googleさんありがとう!当社の検索結果

Google検索結果20150509久しぶりに当社が検索上どの位置にあるかをチェックしてみました。

これまでは、「管理会計 セミナー」「管理会計 研修」で上位(時として1位)になることもあったのですが、

今回は試しに「管理会計 コンサル」、更には「管理会計」のみでも試してみました。

その結果が上の通りでした。

弊社の献身的なサービスをGoogleが認めてくれたようです。

などということはちょっと、無理ですねぇ。

Googleさんと直接の接点はありませんから。

こまめにブログで情報提供しているのを、Googleさんが評価してくれたということのようです。

いずれにしても、

Googleさん、ありがとう!

新企画!
世界中どこからでも受講できて
録画映像で何度でも復習できる
web_semi_banner水曜日夜間コースに加えて、
日曜日早朝コースをスタート(8月9日~)

数字(会計・計数)に強くなるために

lgi01a201412030700t
今日、数字の研修についての打ち合わせをしました。

「数字ってなかなか身につきませんよね」

「そうですね。2日間の研修で、みっちり決算書やら損得勘定の研修をしても、3日もしたら全部忘れる、、、2日だけの研修では身につく人は少ないですね」

「やっぱりそうですよね」

「はい、でもそれは何も数字だけに限った事ではないですよね。例えばテニスを習得するには、まず徹底的に素振りをして、型を身体に覚えさせる。これと同じじゃないですかね。要はあたまの中に新しい回路ができるまで反復練習することでしか計数能力は身につかないということなんじゃないですかね。」

「なるほど確かにそうです。でもそのためにはどうすればいいですか?」

「いくつかの方法があります。
研修で学んだことを実際に自分の仕事の中で使ってみる。自主的にできる人は少ないので、研修の後実際に使うことを個々に考えてもらい、実際に実施し、1・2カ月たってからその結果を持ち寄って議論する、等という方法もあります。
もうひとつは、受講者自身が先生になって、自分の部下とか同僚とかを生徒にして教える、そんなことも有効な方法のひとつです。
だって、人に教えるためには、自分が習得する前提が必要です。そのためには、徹底的にシミュレーション、つまり反復練習することになります。
実は、これが一番効果的かもしれません。結構大変ですが・・・」

新企画!
世界中どこからでも受講できて
録画映像で何度でも復習できる
web_semi_banner水曜日夜間コースに加えて、
日曜日早朝コースをスタート(8月9日~)

近日中に開催予定の管理会計関連セミナーのご案内(4/9)

lgi01a201412030700t
4月~6月にに開催予定の管理会計に関連する一般公開セミナーのお知らせです。

4月18日 大阪
櫻みち経営塾主催「戦略的管理会計スペシャリスト養成講座 4.決算書の本質的理解」

4月22日 名古屋
三菱UFJリサーチ&コンサルティング主催「経営者が絶対みておくべき会計数値」

4月28日 東京
SMBCコンサルティング主催「管理会計の基本的考え方と使い方」

5月16日 大阪
櫻みち経営塾主催「戦略的管理会計スペシャリスト養成講座 5.キャッシュの視点から決算書を見る」

5月22日東京
SMBCコンサルティング「キャッシュを基準としたマネジメントと利益計画の基本」

6月6日 大阪
櫻みち経営塾主催「戦略的管理会計スペシャリスト養成講座 6.経営理念と経営ビジョン」

6月12日大阪
櫻みち経営塾主催「原価計算・原価管理研究会第1回」

6月20日 大阪
櫻みち経営塾主催「戦略的管理会計スペシャリスト養成講座 7.経営戦略エッセンシャル」

6月25日名古屋
日本能率協会主催「機能する業績評価制度のつくり方セミナー

原価計算・原価管理研究会開催決定!月1、第2金曜日18:30~20:30 継続期間無期限

櫻みち経営塾では、原価計算・原価管理研究会の開催を決定しました。

原価計算・原価管理研究会チラシ表

研究会の目的:
管理会計目的での実際に使える原価計算・原価管理とは何かを、参加企業それぞれの実態に合わせて考えることを目的とします。

方針:
1.上場企業に求められる財務会計の為の詳細な原価計算制度については参加者の特にニーズが高いテーマ以外についての取り扱いは最低限にする
2.塾側より課題提起と基本的な情報共有は行うが、参加者を交えた議論をメインとする
3.以上から実務に使える原価計算・原価管理、更には総合的な業績管理の仕組みを参加者企業の実態を踏まえて一緒に考える

実施日時:
原則として月1回、第2金曜日(参加者の要望等により変更すること有)
18:30~20:30
とする。

場所:
梅田・堂島周辺を予定

会費:
6千円/回(税込)税抜価格5,556円

参加資格:
櫻みち経営塾会員
非会員で参加ご希望の方は、
入塾金無料、定額会費無料の会員登録をお願いいたします。
(あくまで所属などの属性を明らかにしていただくためだけの登録で、それによっていかなる料金などの義務が発生することはありません)
→ https://sakuramichi.net/entry

取扱テーマ例:
テーマについては、基本的なテーマの他に、参加者からの希望と同意に基づいて別途設定する。
基本的なテーマ例としては以下の通り。
○原価計算の目的
・財務会計目的
・意思決定目的
・価格の定性性判定目的
・計画策定目的
・コスト管理目的
・業績管理目的
○コスト予測
・短期的変動と中長期的変動
・IE法、その他の方法のメリットとデメリット
・勘定科目法
・High-Low法
・回帰分析、最小自乗法はどこまで使える?
・基本としてのCVP分析復習
・固変分解の実務
・コストドライバーとコスト予測
・ABC(活動基準原価計算)、ABM(活動基準管理)の活用分野と可能性
・経験効果と原価
○実際原価計算の基本的手続
・個別原価計算手続
・総合原価計算手続
○標準原価計算
・原価標準設定方法
・基準操業度
・標準原価計算の活用
○固定予算と変動予算
・固定予算と変動予算の考え方、策定実務
○原価差異分析
・直接材料費差異分析
・直接労務費は変動費として管理するべきか?
・製造間接費差異分析
○価格決定と原価計算
・全部原価と価格
・変動原価*と価格
*直接原価という呼び名が一般的。但し、この呼称は直接費という言葉と混同しミスリードする恐れがあるので、本会では「変動原価」と呼ぶことにする。
(アメリカの管理会計協会では、Direct Costingに替えてVariable Costingという呼称が推奨されている)
・市場、経営戦略と価格
○収益分析
・価格差異と数量差異
・販売ミックス差異
○事業部の業績測定
・管理可能性基準
・損益計算ルール(内部振替、本社費配賦、社内金利、社内資本金など)
・事業部損益と意思決定
○投資を伴わない意思決定
・関連原価、埋没原価
・短期的意思決定
○意思決定会計
・設備投資の経済性計算手法
・購入とリース
・反復投資、追加投資前提の評価
・資本コスト=目標投資利回りの決定
・キャッシュフロー予想
○戦略と原価
・ヴァリューチェーンコスト分析
・サプライチェーン分析
○原価企画
尚テーマ選定、基本情報整理のために主に以下の書籍を参考資料とて使用します。
但し、参加者の皆さんにご購入いただき、読んでいただく必要はありません。
あくまで、主催者が参考にするという意味です。
「原価計算」(国元書房、岡本清著)
「管理会計」(同文社出版、櫻井通晴著)
「原価計算基準」(中央経済社、溝口一雄著)
「Cost Accounting」(Prentice Hall、Charle T.Horngren他著)
「Management Accounting for Business Decisions」(Thomson Business Press、Colin Drury著)